Sustainability

SHE Policy

SK ハイニックは人間と環境中心の価値を最優先に追求します。
これのために、先進 SHE 経営システム構築、安全 Risk Free 事業所構築、人間中心の保健システム構築、持続可能な環境システム構築をSHE4大経営原則に設定して、安全・保健・環境の質的レベルを高めると共に、地域社会と緊密な協力関係を維持することで、社会からの信頼を確保して持続可能な会社の発展を追求します。

SK ハイニックは「人間と環境中心経営」理念を基に、SHE分野の持続的な革新と安全文化の定着により、世界最高レベルの事業所安全管理および構成員健康検診を行い地球環境を保全する。

このために、SHE規定に対して責任と義務を果たし、利害関係者との心の通った疎通を通じて先制的予防活動を持続的に展開する。

安全及び保健方針

  1. 01.安全保健経営を核心価値に定義し、法規を先導する基準を樹立して、構成員に健康で安全な事業所を構築する。

  2. 02.装備の安全な運営のために、持続的な革新とシステムの高度化により安全保健レベルを向上する。

  3. 03.構成員と協力社の全従業員が健康な作業環境作りを図り、危害・危険性を事前に感知・改善する。

環境方針

  1. 01.全過程を考慮した環境に優しい設計、資源の効率的使用、および最適汚染防止施設の導入により、環境への影響を最小化する。

  2. 02.有害化学物質の透明な情報公開と統合的な管理により、事業所と地域社会の環境を保護する。

SHE Vision

SHE Vision
先進 SHE 経営システム構築
  • Global 最高水準のSHE 基準導入
  • ICT 基盤管理体系の高度化
  • 子会社・協力社のSHE 同伴成長
  • 真の疎通による信頼確保
安全 Risk Free 事業所構築
  • 現業本位の自律PSM 運営の定着
  • 変更管理手順の必須化
  • リスク評価による安全管理
  • 安全文化の定着および体質化
人間中心の保健システム構築
  • 人優先の作業環境作り
  • 潜在的健康危険の発掘と改善
  • 職務露出管理システムの導入
  • 化学物質情報の信頼性確保
持続可能な環境システム構築
  • 環境規制への先行的対応
  • Top Tier 水準の低炭素経営の持続
  • 支援節約および汚染物質の削減
  • 未来成長への環境インフラの確保

SHE 詳細ガイドライン

安全及び保健経営

01. 産業安全
安全の危害要素(例:化学物質、電気及びその他のエネルギー源、火災、車両及び墜落)に潜在的に露出される可能性がある構成員は適切な設計及び管理的方案、予防整備、安全作業の手続き(ロック装置・標識物)、持続的な安全教育を通じて把握、評価、コントロールされなければならない。これにより、危害要素を適切にコントロールできない場合、構成員によく管理された適切な個人の保護区及びこれらの危害要素に係る危険に関する教育資料を提供しなければならない。合理的な措置により、妊産婦を高危害要素の作業環境に配置せず、業務の関連要因を始め、作業場内の妊産婦の健康や安全を脅かす要因を除去又は減らし、授乳のための合理的な便宜施設を提供しなければならない。
02. 非常事態の対応方案
潜在的な非常事態及び事故発生の可能性を把握及び評価し、緊急報告、構成員との共有及び紹介計画の樹立、構成員の教育、適切な火災の探知及び鎮火装備の設置、明確な出口の表示及び障害物の除去、適切な脱出施設の設置及び復旧計画の樹立など、非常計画及び対応方案を実行し、被害を最小化しなければならない。このような非常計画及び対応方案は、人命被害や環境及び財産の被害を最小化することに焦点を合わせなければならない。
03. 産業災害及び職業病
産業災害や職業病に対する予防、管理、追跡、報告の手続き及びシステムを確立しなければならない。これには構成員の報告奨励、傷害疾病の事例分類及び記録、必要な診療の提供、事例の調査及び原因の除去のための是正措置の実施、業務復帰の奨励措置が含まらなければならない。
04. 産業衛生
露出の管理体系によって化学的、生物学的、物理的因子に対する構成員の露出度を把握、評価及び最小化しなければならない。潜在的な危害要素は適切な設計及び工学的、管理的方案を通して除去又は制御しなければならない。これにより、危害要素を適切にコントロールできない場合、構成員によく管理された適切な個人の保護具を提供し、構成員はこれを使用しなければならない。保護プログラムには、このような危害要素に係るリスクに関する情報提供が含まれる。
05. 筋骨格系への負担作業
筋骨格系への負担危害要素に対する構成員の露出を把握、評価及びコントロールしなければならない。このような危害要素には手作業及び重い資材を持ち上げたり、繰り返して物を持ち上げる作業、長時間立っている作業、過度に繰り返したり、体力の消耗が激しい組み立て作業が含まれる。
06. 機械設備の安全維持
生産及びその他の機械設備の安全危害要素を評価しなければならない。機械設備により、構成員が傷害を被る恐れがある場合、物理的防護装備、安全装置及び防護壁を提供し、適切に整備しなければならない。
07. 衛生、食品及び住居
構成員に清潔なトイレ、飲み水、衛生的な食品の料理、貯蔵、食堂施設を提供しなければならない。会社が提供する構成員の寮は清潔さと安全を維持しなければならず、適切な非常口、入浴及びシャワーのための温水、適切な照明、暖房及び換気装置、安全に個人物品を保管できる施錠装置を提供し、適切な出入り口が設置されなければならない。
08. 保健安全コミュニケーション
会社は機械、電気、化学、火災及び物理的な危害要素など、構成員が露出されることが確認された作業場の危害要素に対し、構成員に勤労者の母語又は構成員が理解できる言葉で適切な作業場の安全保健情報や教育を提供しなければならない。安全保健情報は施設内によく見えるように掲示し、構成員が容易に接することができるようにしなければならない。作業開始の前及び定期的にすべての構成員に教育を提供し、構成員が安全意識を高められるように奨励しなければならない。

環境経営

01. 環境許可及び報告
政府が要求するすべての環境許認可を獲得し、製品の生産に関する環境情報の信頼性確保を通じて、利害関係者に透明な環境情報を提供しなければならない。
02. 汚染の防止及び資源の節減
最適な技術を適用した生産装備及び汚染物質の低減装置の導入、生産工程の変更などを通じて水質及び大気汚染物質の排出、廃棄物の発生を最小化又は除去するために努力しなければならない。水、化石燃料などの天然資源の使用を減らすために生産工程の改善、代替原料の使用、リサイクル又は再使用などの方法を適用しなければならない。
03. 有害物質
健康及び環境上の危害をもたらす可能性がある化学物質の安全な取り扱いや運搬、保管、使用、リサイクル又は再使用及び廃棄段階まで管理するため、当該物質を把握し、取扱施設の基準の遵守、取扱者の教育、関連情報の交換など、法的要求事項における安全上の措置事項を遵守しなければならない。
04. 廃棄物
資源の投入から廃棄物の発生及び処理までの環境影響を把握し、管理体系を構築して発生及び焼却・埋め立てられる廃棄物の量を最小化し、先導的な資源の循環体系を構築しなければならない。
05. 大気排出物
工程中に発生する大気汚染物質及びオゾン層の破壊物質を、最適の技術導入を通じて適切に処理しなければならない。また、大気汚染物質のモニタリングを通じて国内外の規制に基づいて排出許容濃度を遵守し、代替物質の開発に努力しなければならない。
06. 環境にやさしい製品の開発
製品のすべての過程における環境性を評価し、定量化して環境にやさしい製品の開発に努力しなければならない。また、製品の製造に関する国内外の物質の規制に対して先行対応することで、特定物質の使用及び製品内含有の禁止、制限に係る規制について明確に理解し、これに関する顧客の要求事項を遵守しなければならない。
07. 水の管理
水源地から水の使用、汚染物質の含有、廃水の排出までの特性を把握した後、最適の管理方案及び技術を考慮して廃水処理の設備を導入し、周期的なモニタリングや適切な性能の維持を通じて関連規制を遵守し、水系環境の影響を最小化するために努力しなければならない。
08. エネルギーの消費と温室効果ガスの排出
エネルギーの消費及び温室効果ガスの直・間接排出量を定量化し、第三者による検証を通じて信頼性を確保しなければならない。また、最適の投資を通じてエネルギーの効率性を改善し、温室効果ガスの排出量を最小化できる技術を適用する。

SHE 経営システム

SK ハイニックは、安全保健経営システム(OHSAS 18001 / KOSHA 18001)、環境経営システム(ISO 14001)および工程安全管理(産業安全保健法第49条の2)をSHE経営システムに統合して運営しています。
SHE 経営システムの運営により導かれる影響要因へのモニタリングと改善活動のために、内部審査規定に基づいて安全・保健・環境を統合して履行水準を評価し、そこから導かれた問題点は改善措置して経営システムの運営に万全を期しています。

SHE 経営システム